未知のオブスキュラ

三十路男の写真日記です。街の風景を撮るのが好きです。

平成最後(かもしれない)の神田祭

平成29年5月の神田祭です。

もしも平成31年が新しい元号になるとすれば、平成最後の神田祭になります。

13日(土)はあいにくの雨となりました。神田明神近辺は場所取りが激しいのではないかと予想して、日本橋方面へ向かいました。かなりの土砂降りで、担ぎ手には相当厳しい天気です。

DSC08124

そこかしこで神輿の気配がするので、通りを一本入りました。雨にも負けない熱気で神輿が担がれています。

DSC08129

この季節は天気が変わりやすく雨が降りやすいですが、ここまで土砂降りなのは久しぶりだと思います。

DSC08138

 

一晩たって雨が上がった14日(日)。多くの神輿の宮入です。浅草橋から秋葉原の間で、各町会の神輿が神田明神に向かっています。

DSC08185

DSC08212

▲今年は200もの神輿が宮入するそうです。町会の名前を見ていると、結構遠くからも神輿が集っていることがわかります。

 

DSC08214

DSC08320

 

▲現代的な秋葉原の街並みと、伝統的な祭りの交差する風景が面白いです。

 

DSC08224

▲『ラブライブ!』でおなじみの男坂。

 

DSC08304

 ▲ここを毎日上り下りするのは相当ハードなトレーニングです。

 

DSC08285

▲境内は人でいっぱいです。次から次に神輿が宮入して飽きません。

 

DSC08305

2年に1度の神田祭。秋葉原は東京どころか日本の中でも特に変化の激しい街です。

2年後の秋葉原が楽しみです。

 

<関連記事>