読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知のオブスキュラ

三十路男の写真日記です。街の風景を撮るのが好きです。

富士フイルムのスキャンサービス、自力でやるのとはレベルが違った…(2)出来上がった写真を比較

前回の続きです。

さて、手元にはDVDが届きました。早速中のデータを確認します。

画像データは全て、

イメージサイズ:1535 × 2291 ピクセル

DPI200:ピクセル/インチ

となっており、製造元には

FUJI PHOTO FILM CO., LTD.

と記録されていました。

以前、自力でネガをスキャンした際の記事がこちらなのですが…

昭和59年(1984年)、雪の降った新宿 - 未知のオブスキュラ

1984年のサグラダ・ファミリア - 未知のオブスキュラ

1984年のパリ・エッフェル塔 - 未知のオブスキュラ

今回仕上がってきた画像と比べると目を覆いたくなります。記事を書きなおそうと思いました。まず、サグラダ・ファミリアの写真から比較しましょう。

自力でスキャン

f:id:cnc2359:19840220182906j:plain

富士フイルム公式スキャン

001-003

 

 

自力でスキャン

f:id:cnc2359:19840220182901j:plain

富士フイルム公式スキャン

001-002

空の青さがわかりますし、何より建物の壁の色がインチキっぽくないですね(笑)塔の先の飾りまでよくわかります。感動です!

残念ながら、元のネガが傷んでしまっている部分は致し方なく、変色してしまっています。

 

 

続いて、エッフェル塔。

自力でスキャン

f:id:cnc2359:19840220182416j:plain

富士フイルム公式スキャン

005-017

解像感がまるで段違い。やっぱりプロの腕、プロの機材はすごいです。

気になるお値段ですが、

基本料金:1000円

ネガフィルムスキャン代:486円/本 X 7本=3402円

送料:540円

手数料:324円

でした。これにキャンペーン中で10%オフが加わり、最終的に税込4898円でした。

*スキャンはネガの「本数」なので、1本36枚 X 7本を頼んだことになります。

 

自力スキャンといってもAmazonで一番安い、5年以上前のモデルを用いたわけですし、色味調整の腕も僕は未熟です。一度プロの技を観たことでとても参考になりました。

 

さて、押入れの中からネガを発掘した人がこれを頼む意味があるかというと…なかなか難しいです。富士フイルムに送るのはとても簡単ですが、1本486円です。写真1枚あたり10円以上します。でも、1枚1枚スキャンして色味を調整して…というのは相当時間と手間がかかります。押入れの中から大量に発掘した場合は、割引キャンペーンをやっているときに一気に頼んでしまうのも手だと思います。1度デジタルデータになれば、Google PhotoやAmazon Photoにアップしてしまえば保管も楽ですからね。

何より、たくさん頼むと1枚あたりの単価が安くなります。次にネガを発掘した時は、自力ではなく最初から頼んでしまおうかな…と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<関連記事>