未知のオブスキュラ

三十路男の写真日記です。街の風景を撮るのが好きです。

江戸東京たてもの園に行った(2)高橋是清邸

DSC05730

江戸東京たてもの園、3月下旬までは、工事中の建物が多いため、狙いを絞って回ることにしました。次は高橋是清邸 です。

DSC05732

▲玄関の明かりにつけられたシェード。吊り下げている紐が植物性で時代を感じます。高橋是清の人生は激動という言葉そのものです。少年時代はアメリカで奴隷として売られてしまったり、最後も自宅で二・二六事件で青年将校に殺されてしまいました。2階には高橋是清が最期を迎えた寝室があります。

 

DSC05736

▲ そう、伝統的な日本家屋って昼前も暗いんですよね。もっと差し込む光や影に気をつけて撮影できる様になりたいです。

 

DSC05738

▲窓際。古い家屋の窓ガラスって、平面が均一ではなくて濃淡があるんですよね。使い込まれた木枠と合わせてお気に入りの景色です。 

 

DSC05745

▲厚みに濃淡のあるガラスから通る光。日差しが柔らかかくなります。 

 

DSC05747

▲梅の花が満開。春を感じさせますね。 

<関連記事>