読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知のオブスキュラ

三十路男の写真日記です。街の風景を撮るのが好きです。

平成29年(2017年)2月の築地場内市場(3)人を入れて撮影する

風景を撮るとき、無意識のうちに「人が入らない様に」してしまう自分がいます。

でも、活気ある場内市場で人が入らない様に撮るなんて不可能だし、むしろ人を積極的に入れて活かして行ったほうがいいじゃないだろうか、と考えました。苦手なんだけど、あえて人を入れて撮影しました。

DSC05626

▲八百屋さん。色とりどりの野菜と果物から新鮮な匂いが漂ってきます。

 

人がいなくて、建物を正確に切り取る写真なら『新建築』とかを見ればいいだけですもんね。 

 

DSC05598

▲雑貨店。市場の業務に使うものがたくさん。 

 

DSC05594

▲おいしい朝食を求めて観光客がうろうろ。僕ものその一人です。

 

DSC05635

▲漬物屋さん。大きな日めくりカレンダーに、昔ながらの商店らしさを感じます。

 DSC05649

▲夜が明けて来ました。タワーマンションに電気はほとんどついていませんが、市場のターレーは忙しなく動いています。

 

<関連記事>