未知のオブスキュラ

三十路男の写真日記です。街の風景を撮るのが好きです。

平成28年12月28日(水)のトレーニング+AEDを実際に使った話

[Menu]

Squat

20kg x 8rep x 1set, 30kg x 8rep x 1set, 40kg x 8rep x 1set, 55kg x 8rep x 3set

 

Bench Press

20kg x 8rep x 1set, 30kg x 8rep x 1set, 40kg x 8rep x 3set

 

Dumbbell Shoulder Press

7kg x 8rep x 1set,  7kg x 8rep x 1set,  10kg x 8rep x 3set

 

 

[Comment]

*なかなか体調が良くならず、特に腕・顔・耳の肌荒れと湿疹がひどい。おかげで明け方に痒みで目が覚めてしまうことが続いて、体のだるさが残っている。なので、引き続きメニューは軽めにしようと思った。

 

[AEDを実際に使った話]

 

f:id:cnc2359:20161228234051j:plain

ダンベルカールをしようと思ったら、エアロバイクの方で中年男性が意識を失っているよう。野次馬が増えてもろくなことにならないので静観しようかとも思ったのだけど、何か様子がおかしい。完全に意識を失ってしまっているようだ。周りの人たちと協力して男性をエアロバイクから降ろした。

他の人と協力してAEDを使おうとしたのだが、パッドの貼り方に戸惑った。

これまで救命講習などで使ったことのあるタイプとは違うタイプのマシンで、おそらく時間にして数秒だけれども、戸惑ってしまった。他の人と協力できてよかった。一人だったらもっと時間をロスしてしまっただろう。

f:id:cnc2359:20161228234056j:plain

写真は、救急隊員の方から頂いた、「患者に触れた方は手洗いやうがいをしてくださいね」というマニュアル。救助に当たった人間は、救急隊員の方から氏名・住所・電話番号を尋ねられた。

 とにかく、学生の時から救命講習受けていてよかった。何度もなんども繰り返した動作しか、いざという時にはできなかった。「火事場の馬鹿力」というのはこういうことにはないんだと感じた。

受験生の時に感じたことだが、受験本番に普段解けない問題や、知らないことが思い浮かんだりすることは、まずない。普段から、本番のように備えて、繰り返し繰り返し解き続ける必要があったことを思い出した。

ただ、そうはいっても「こうすればよかった」「ああすればよかった」ということばかりだ。

救急隊員の方から、念のため手洗いをするように言われて、手を洗いながら、そう思った。中年男性、助かっているといいな。