読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知のオブスキュラ

三十路男の写真日記です。街の風景を撮るのが好きです。

創エネあかりパーク2016のプロジェクションマッピングはぜひ来年もやって欲しい!

上野恩賜公園にて開催された、創エネあかりパーク2016が、その名前からは想像もつかない感じだったのに写真を載せていなかったもんで、今更ながらその様子をお伝えしたい所存です。

あかりパークというイベントは、再生可能エネルギーを利用した省エネ技術と、照明技術の合わさったものなのですが、上野公園の広場でライブなどもやっており、秋の夜長に大変よいイベントなのです。メインはだいたい想像通り、こんな感じです。

DSC03686

テントが張られていたり、合唱していたり。

 

DSC03681

 色とりどりの噴水になっていたり。

DSC03699

 桜のライトアップがされていたり。

 

他にも、国立博物館、国立科学博物館、先日世界文化遺産に登録された国立西洋美術館の特殊ライトアップがされるなど、なかなか見所があります。普段とは違った色合いで、とても珍しい光景です。

DSC03645

国立科学博物館は小学生の頃よく来ました。毎夏、いろいろなワークショップに参加して楽しかった思い出があります。その後、完全な文系に育ってしまいましたが……

サイケデリックな色合いかと思いきや、時間ごとに色合いが変化するんですね。

DSC03642

この建物は日本館といい、上から見ると飛行機の形をしているそうです。関東大震災で以前の建物が被害を受け、建て替える際に当時の最新技術の象徴である飛行機を模したそうです。といっても、上野のあたりでここを見下ろせるところってどこだろう。

今は確か、重要文化財に指定されていた記憶があります。DSC03643

レインボーカラーになったタイミングでも撮影しました。

DSC03647

柱の上の國立科学博物館の文字がかっこいいですね。

次は、セセッション様式の科学博物館とは対照的な、ル・コルビュジェのモダニズム建築、国立西洋美術館です。

DSC03636

最初は気づかなかったのですが、西洋美術館もライトアップの色が変わります。

青から紫、赤と色が変化していきました。

DSC03637

普段はこんな遅くに敷地内には入れないので、新鮮です。

DSC03641

ピロティの白さとライトアップの色のギャップが面白いですね。

そして1番の人気コーナー、国立博物館です。

www.tnm.jp

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」で展示されている仏像などがプロジェクションマッピングで外壁に投影されるのです。

仏像が大仏となって投影される様はなんというか……レーザーも飛び交って尊かったです……

DSC03692

これが21世紀の仏の姿なのかもしれない。

DSC03664

正門のあたりから見ると、なかなか高解像度に見えるんですよね。

DSC03660

ただ投影しているだけではなくて、画像が入れ替わったり、動いたりします。

DSC03677

DSC03671

DSC03656

DSC03650

今年限りとのことでしたが、迫力もあるし、音楽も聴けるし、なきの夜長にぴったりなので是非来年以降も続けて欲しいと思いました。

もし来年もあったら、是非おすすめですよ。

DSC03690

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<関連記事>