読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未知のオブスキュラ

三十路男の写真日記です。街の風景を撮るのが好きです。

早稲田祭2016

今こそ、挑戦の時。 世界で一番、フォトジェニックな空間だ。 大隈講堂の白かった、早稲田祭2006から10年経ったのかと思うと、本当に感慨深い。 Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA 10年、長かったような、短かったような。 眼下に広が…

早稲田大学新3号館(2)

新3号館は、渡り廊下がついているので以前は近づけなかった部分を歩くことができます。これは4階部分です。 この眺めはとても新鮮です。6号館から見た景色に似ていますが、演劇博物館よりも大隈講堂側です。 なんと!鳩よけまでもが再現されています。これに…

早稲田大学新3号館(1)

早稲田大学新3号館(D棟)です。低層棟は、旧3号館の意匠を生かし、導線も旧3号館を意識した作りになっています。以前の様子と、比べて見ましょう。 Before After 2号館側から入ってすぐのところにある、昔の学部長の銅像。以前とほぼ同じ位置にあります。 低…

早稲田大学16号館(2)

突然洗面スペースが出てくるのも、昭和の大学っぽくていいですね。 机の木材の使い込まれた感じ。 <関連記事>

早稲田大学16号館(1)

久しぶりに16号館に行きました。建て替えが決まったそうです。 16号館の中は、「ザ・大学」という感じの誂えです。 古臭く感じる人もいると思いますが、これはこれでいいものだと思います。 <関連記事>

ダルシムカリーのシャッターにエルムは生き続けている

エルムの跡地には、ダルシムカリーというカレー屋さんが入っています。 エルムって何?って方はこちらの記事をご覧ください。 ここで、ダルシムカリーのシャッターをご覧いただきましょう。 巧妙に「エルム」の文字が生かされています!たくましいというか、…

稲門祭に行ってきました

稲門祭にいってきました。 大隈銅像の周りの植え込み、1950年代のように短く植え替えたんですね。 以前は、もっと伸びていて台座の字が読めなかったと思うのですが、13年前から比べると、少しずつ伸びていたようです。 2003年の大隈銅像・大隈講堂 - 未知の…

演劇博物館裏

演劇博物館の裏です。建て替えられた新しい建物にはない、地下感というか、隠れ家感がありますよね。 かつての早稲田にはこういった空間が多くて、はぐれものにも心地よい空間が広がっていました。 <関連記事>

平成28年(2016年)の早稲田大学10号館

意外とちゃんと撮っていない、10号館です。 こうしてみると、モダニズム建築っぽい感じですね。 この辺りはあまり以前と変わらないですね。 <関連記事>

大隈通り

久しぶりの大隈通りです。マンションの建設中ですね。 <関連記事>

隈裏(くまうら)

大隈講堂の裏には、隈裏と呼ばれる部室があります。 劇団木霊やラテンアメリカ協会の部室です。 劇団木霊公式ホームページ こちらは洗面所。隈飲みの時には重宝します。 <関連記事>

エルムの閉店

早稲田の名店、エルムが閉店することになりました。 カルボもピラミ(プラフミート)も大好きでした。 「一番早いのはカレー」とオヤジさんが行っていました。頼むとレンジでチンし始めます。 エルム、昔はジャポカレーやにいみと同じビルの2階に入っていま…

完成した早稲田大学D棟(新3号館)

早稲田大学新3号館、ついに完成した様です。 低層部が、本当に以前の3号館そっくりで驚きました。 東門への眺めも以前のままで嬉しいです。 正門からの眺め。新3号館・新11号館の見た目が新鮮です。そういえば正門が階段ではなくて、スロープになりましたね…

久しぶりに生協に行って見たら校章の種類が減っていた

久しぶりに生協に顔を出して見たら、学部章の種類は増えていたのですが(当然か……)校章の種類が減っていました。 Wマークすらなくなっているのには驚きました。 おそらく、今はもう作っていなくて、昔作った在庫を細々と売っていたのでしょうね。 約10年前…

解体された記念会堂…平成27年(2015年)12月

久しぶりの記念会堂。 完全に解体されて、跡形もありません。 33号館が建て替わって、新33号館になっていますね。 中をのぞいてみたら、新学生会館が丸々見えたので驚きました。記念会堂、大きかったんですねえ。 <関連記事>

早稲田祭2015

誇りが彩る、都の西北 <関連記事>

早稲田祭2014

気づけ、キミも主役だ。 <関連記事>

上棟した早稲田大学D棟(新3号館)

まだまだフェンスは取れませんが、新しい3号館の姿が見えました! 解体前の姿と比べてみましょう。 Before After 旧3号館の中はこんな感じでした。 元の3号館そっくりの低層部ですが、中の導線なども旧3号館に配慮した作りになるようです! 新宿区 早稲田大…

早稲田祭2013

本気であれ。早稲田らしくあれ。 工事中の3号館。 <関連記事>

解体の決まった3号館…平成23年(2011年)5月

もっと先かと思っていたのですが、3号館の解体が決まりました。 学部事務所のあったあたり。がらんどうになった感じがします。 1号館・3号館はセットのイメージだったのですが、この景色は見納めです。 大隈講堂からのこの眺めも、戦前から続いてきたもので…

神田川の夜桜

面影橋近辺は今年も桜が満開です。 <関連記事>

ちょっと変わったアングルから

文キャン。33号館。 遠くに代々木のドコモタワーが見えますね。 建設中の新11号館と14号館。左のタワーマンションはアス早稲田です。 16号館の後ろにはサンシャイン。 こちらは大隈会館方面。 村野藤吾作、33号館。見る角度によってだいぶ印象が変わります。…

早稲田大学記念会堂…平成20年(2008年)11月

平成20年11月の早稲田大学記念会堂です。 東京オリンピックのフェンシング会場として使われたこともありますが、老朽化が激しいと言われています。 ライブをやると、床が波打つように感じるのは僕だけでしょうか…? <関連記事>

早稲田祭2008

まだまだ知らない、早稲田がある <関連記事>

卒業式の早稲田大学3号館中庭…平成20年(2008年)3月

卒業、おめでとうございます! <関連記事>

早稲田大学記念会堂…平成20年(2008年)3月

平成20年3月の早稲田大学記念会堂です。 毎年3月25日は卒業式が行われます。 <関連記事>

軽食&ラーメン メルシー

肝心の麺を撮り忘れた! <関連記事>

33号館予備工事?

空中廊下が立ち入り禁止になっていました。 結構好きな空間だったんです…… 3号館と4号館の間みたいな、空中廊下って好きなんです。ペトロナスツインタワーとか憧れますね! <関連記事>

足元が出来てきた早稲田大学新11号館

スクラッチタイルに近い色合いで、クラシックな雰囲気ですね。 足元のアスファルトがしっとり。 8号館の雰囲気に合わせた感じかな? <関連記事>

夜の3号館

この正面の厳粛な感じ、格好いいですよね。 <関連記事>

雪の高田馬場ロータリー

入試期間中なので、正門行きのバスの特別案内が出ています。 BIG BOXは赤の背景に走る人のイメージなんですが、すっかり新しくなってしまいました。 寒いからか、今日は人通りも少ないです。 <関連記事>

平成20年(2008年)冬、雪の大隈講堂前

誰もいない、雪の大隈講堂前の様子をご覧ください。 <関連記事>

高くなってきた早稲田大学新11号館(C棟)

新11号館が、馬場下交差点からでも見えるようになってきました。 かつては、大隈講堂が高田馬場駅から見えたそうですが……流石に今となっては難しそうですね。 <関連記事>

雪の降りしきる南門通りと諏訪通り

しんしんと冷えます。こんな大雪、数年に一度だと思います。 人気が全くありません。とにかく寒かった…… <関連記事>

6号館の中

教育学部の理系学科が入っている6号館。中に入ったことのある人は意外と少ないものです。 早速中に入ってみましょう。地下もあるんです。 鉱物標本などが置いてあって、他の学部とは違う雰囲気です。 地下階を歩いていたら、なんと昔の地下部室の痕跡を見つ…

平成18年の10号館

一番大きい教室のある、10号館。 最近は8号館が出来て、大教室が増えましたが一年生の基本科目は大抵ここです。 <関連記事>

早稲田のイルミネーション

1年生の頃には全然なかったような気がするのですが、イルミネーションが最近増えています。 南門商店街にも、大隈タワーの周りにも。22号館にも。 演劇博物館には、クリスマスツリーが出ていました。 <関連記事>

早稲田祭2007

早稲田の底力 <関連記事>

早稲田大学33号館

村野藤吾先生の作、33号館。 その形から、国連ビルと呼ぶ人もいます。 老朽化から、解体が決まったようです。 文キャンのスロープ。今日は暑いです。 <関連記事>

3号館の廊下と階段

3号館はエレベーターがないので夏場は汗をかきながら階段を登るわけですが、昔のビラの跡が残っていたり、佇まいがザ・大学って感じがして好きです。 窓には、鳩が入ってこないように鳩よけがついています。 4階は教授室。廊下の床がレッドカーペットみたい…

大隈講堂と朝日

神々しい…… <関連記事>

大隈講堂の戻ってきた西早稲田キャンパス

10号館の屋上から見る景色は、やっぱりこうですよね。 11号館はまだまだ建設中です。重機がでかいですね。 新しいスクラッチタイルが、春の青空に映えますね。 <関連記事>

新大隈講堂のライトアップ

以前より輝きが増している気がします! きれいでおしゃれですね。8号館みたいです。 <関連記事>

ペナントオギワラのショーケース

東門から大隈通りに入るあたりに、ペナントオギワラがあります。 僕のいるゼミやサークルには残念ながらペナントの習慣がないので、憧れます。 <関連記事>

大隈講堂仮囲いの撤去工事

夜になったらだいぶ進んでいました。 <関連記事>

夜の新大隈講堂

嬉しくなったので、つい夜景も撮りました。 工事前と違って、外壁の色が明るいから撮りやすいです。 仮囲いもそろそろ取れる頃合いでしょうか…? こうして見ると、大隈講堂前の樹木は本当に大きいですね。 終戦直後のキャンパスの写真を見ると、焼けてしまっ…

入試期間中

西門閉鎖中。 東門閉鎖中。 北門閉鎖中。 文キャンも閉鎖中。 <関連記事>

姿を現し始めた新大隈講堂

花が咲き始めました。 平成20年の春です。毎年この辺から桜を撮っている気がします。 南門通りから時計が見えるのは、本当に久しぶりです。 白っぽい! まだ仮囲いがついてはいますが、久しぶりに見ることができて嬉しいです。 なんかピカピカですね! 以前…

大隈講堂の仮囲いが取れて来た!

3月25日の卒業式に合わせてなのか、だんだん仮囲いが取れて来ました! <関連記事>

大隈講堂の仮囲いを外していく様子

スクラッチタイルが新しくなって、ピカピカですね。 年季の入ったスクラッチタイルが懐かしいです。 早稲田祭以外で隈前に重機が入っているのはなんだか不思議な感じです。 綺麗すぎて違和感が……。慣れるには時間がかかりそう。 ガーデンハウス側から。 <関…